2017年11月10日

朝日新聞記者が盗撮で逮捕、その犯行の一部始終

激裏GATE PRESSより引用

>  11月7日JR山手線内で小型カメラを使い
>  女性のスカート内を盗撮、朝日新聞東京本社
>  報道局スポーツ部増田啓佑記者が逮捕された。
>
>  今回その犯行の一部始終が日テレのカメラマンに
>  撮影されていたことが発覚。
>
>  女性に人気のブランドマリメッコの紙袋に入れて盗撮
>  https://gekiura.com/press/tousaha.jpg
>  https://gekiura.com/press/tousaha2.jpg
>  https://gekiura.com/press/tousaha3.jpg
>  動画
>  https://gekiura.com/press/tousaha.mp4
>
>  怪しい動きを感じた日テレカメラマンが
>  通報、御用となったため日テレが朝日新聞を捕まえたと
>  話題になっている。
>
>  盗撮を盗撮される皮肉。事実は小説よりも奇なり。


フム
日頃、自分たちが気に入らないターゲット(例えば安倍首相)をさんざんっぱら攻撃しまくっている朝日新聞社および関係メディアだが、まぁ、中には不心得者がいるということだろう。
しかし、盗撮を盗撮されているわけだが(笑)、動画を観る限り、もうバレバレというか。。。
ま、それなりの処分はくだされるんでしょうな、朝日新聞さん!
総理には「辞めろ、辞めろ!」の大キャンペーンされていたわけですからね。^^

posted by wildcat at 10:22| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

反安倍ドラマ「民衆の敵」脚本家のTwitterが話題

激裏GATE PRESSより引用

>  篠原涼子主演の月9ドラマ
>  「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか」
>  脚本家である黒沢久子氏が自身のツイッターに
>  反安倍語録を連発。
>
>  「安倍首相は「嘘をついてもかまわない」という 
>  教育を受けてきた」をリツイート
>  https://gekiura.com/press/kituko.jpg
>  他にも、安倍総理が都議選で行った
>  応援演説を批判するツイートを引用するなど
>  暴走が止まらず。
>
>  またドラマ第一回目には安倍首相を揶揄したと
>  思われる「磯部真蔵」なる議員が登場。
>  健康上の理由で退陣とするなど
>  前就任中の退陣を彷彿させる演出も。
>
>  ドラマで政治への印象操作とはまるで中国共産党。
>  大手放送局の民度が低すぎ、さらなるテレビ離れが
>  進みそうである。


フム
まぁ、政治的な思想信条がどうあろうが本人の自由である。
しかし、公共の電波を用いて特定の政党、特定の政治家を攻撃するのはまったくもっておかしい。
また、その逆に特定の政党、特定の政治家をヨイショしまくるのもまったくもっておかしい。
ところが、日本においてはそれがまかり通っている国である。
これ、同様のことを例えば左翼政治家の誰かに行ったら、上を下への大騒ぎになって、テレビ朝日、TBSあたりが非難轟々のキャンペーンを張ることだろう。
しかし左翼思想のみなさんには「現実主義」な考え方は通用しないのだろうか?
私とて、決して安倍総理を手放しで礼賛するわけではないが、内政、外交とそれなりに実績を残している。
特に外交面においては、主要国の首脳が随分と入れ替わったおかげで、安倍総理はそれなりの地位を保っているではないか!
今、安倍総理から別の人物に切り替えたところで、うまくいくかどうかはわからんのですぞ!

posted by wildcat at 10:28| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

民進党参院幹事長・小川勝也長男小川遥資がロリ淫行で逮捕

激裏GATE PRESS より引用

>  民進党参院幹事長・小川勝也長男で
>  日大芸術学部2年の小川遥資が
>  女児にわいせつ目的で暴行を加え逮捕。
>
>  現在父小川勝也と逮捕された遥資は
>  千代田区の議員宿舎で同居。
>  息子の逮捕を受け民進党に離党届を提出したが、
>  議員辞職は否定。
>  https://gekiura.com/press/ogawa.jpg
>
>  日大ではスキー部に入っており、事件現場の所沢には
>  大学の校舎がある。
>  https://gekiura.com/press/ogawa2.jpg
>
>  周辺では、低学年の女児が体を触られる同様の事件が
>  起きており余罪の可能性が高いという。
>  民進党に離党後も無所属で議員活動を続けるようだが
>  息子が議員宿舎から性犯罪に出かけ、複数のペド犯罪を
>  行っていたとあれば自身の不祥事でないとはいえ
>  政治生命は断絶されたに等しい。辞職も時間の問題か。


フム
それにしても政治家いうのも因果な商売ですなぁ。。。
とはいえ、政治家という職業はある種の人気商売。その人気に影を落とすような事象は、自身の不祥事ならず、親族等の身内の不祥事もその範疇に含まれるのはやむを得ないであろう。
まぁ、とはいえ不肖のセガレが自分の管理監督下に無い状況下での事件であれば、小川議員の責任もそこまで追求はされぬのであろうが、よりによって議員宿舎に一緒に住んでいて、そこを根城にして犯行を繰り返していたとなると。。。同情の余地はかなりないな。。。
┐(´д`)┌ヤレヤレ



posted by wildcat at 11:15| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする