2013年07月22日

自民党、単独過半数行かなかったですか・・・

第23回参議院選挙が昨日行われたことは皆さんご承知の通りかと。で、自公合わせて、76議席を獲得し、衆参両院で与党が安定多数を確保したため、いわゆる「ねじれ」は解消し、安定した政権運営を行える運びとなったことはまずはメデタシ。
しかし、自民党での単独過半数確保はならなかったですなぁ・・・ 単独過半数超えになると何がいいかというと、公明党に対して、相当に強気に出れるというところだ。なにしろ自民単独で衆参両院過半数を握れば、公明党に対して遠慮会釈なしに保守的な政策を進めることが可能である。まぁ、なんせ公明党いう政党は中韓大好きな、どっちかいうと民主党左派に近いスタンスですからな。最終的には自民党にとって邪魔な存在になることは必定。
やはりここは維新の会の保守層、民主党の保守層、みんなの党の保守層が抜けだして「日本保守党」を結成して欲しいところですな。
で、公明党を追放して、致命的な打撃を与えたい(政教分離違反でそれこそ解党命令を出すとか)ところですな。
┐(´∀`)┌ヤレヤレ


posted by wildcat at 14:44| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

川口氏解任「国益より政局」批判…野党に誤算 。野党、ザマァないね(爆)

読売新聞より引用
>  野党が9日に参院で可決した川口順子参院環境委員長の解任決議は、「国益より政局」との
> 野党への批判の高まりもあり、高い内閣支持率が続く安倍政権の「失点」になると見た野党の
> 思惑通りの打撃を与えられず、今国会の与党ペースを崩すことはできなかったようだ。
>  民主党の輿石東参院議員会長は記者会見で「単に民主党だけが『けしからん』と言っている
> のではない。 自民、公明両党を除く全ての党が、許される状況ではないと判断した」と決議の
> 妥当性を強調した。
> これに対し、自民党の石破幹事長は記者団に「ただ、与野党対決を鮮明にしたかったという
> 野党の見識は、極めて残念だ」と語り、公明党の山口代表も党中央幹事会で「良識の府たる
> 参院に汚点を残した」と述べた。
>  議会の手続き上は「非」のあった自民党が、野党側を逆に攻撃するという強気の対応に
> 出たのは、世論の理解を得られるとの自信に加え、国会運営を巡る余裕があったからだ。
>  日中関係が悪化する中、中国要人との会談を優先して北京滞在を延長した川口氏の行動
> には、「国益にかなっていた」との評価があり、「野党の追及は行き過ぎ」との声も強かった。
> 民主党内からも「参院での内輪もめと受け止められている」(参院議員)と、国民の理解が得
> られないと懸念する声が漏れるなど、野党側にとって誤算もあった。

川口委員長の解任劇はマスコミから漏れ伝わるとおりなわけで、特に言及しないが・・・
まぁ、野党、特に民主党としては安倍首相就任後、自民党にいいようにされまくりなわけで、どこかしらで反撃を狙っていたところに、飛んで火に入る夏の虫よろしく「川口委員長の国会軽視だ!」と騒ぎ立てて、解任に追い込み、点数稼ぎをしようとしたのだが、あに図らんや、国民の大多数からは「バッカじゃなかろか!?」と呆れられただけで、かえって野党の評価を下げただけいうからホンマ大笑いですわな(笑)
そもそも、川口順子議員は女性層の支持が高いことで有名。参議院選挙を前にして、この野党の「女性に対する」イジメっぷりが結果的に喧伝されてしまったため、まさに攻撃したつもりが的を外れて戻ってきたブーメランに自ら当たってしまうという、アホさながらの事態。
まぁ、もとより民主党は評価を下げっぱなしだったので、今さら大して影響はなかろうが、維新の会や、みんなの党は痛かったろうなぁ・・・
こりゃ参議院選はますます与党の圧勝劇に終わりそうですなぁ・・・
┐(´∀`)┌ヤレヤレ


posted by wildcat at 01:21| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

韓国の朴大統領、いきなり末期症状か!?

読売新聞より引用
> 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は8日、米上下両院合同会議で英語で演説した。
>  朴大統領は北東アジアの地域情勢について、「歴史問題」で衝突が絶えないと指摘し、
> 名指しは避けながら日本を批判した。
>  7日の首脳会談で、オバマ大統領に「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」と述べたの
> に続き、安倍政権に対する不信感を表明した形だ。
>  朴大統領は、北東アジアでは国家間の経済的な相互依存が増す一方で、歴史問題を巡る
> 衝突が続いているため、政治や安全保障分野の協力が進まないと指摘。大統領はこうした
> 現状を「アジア・パラドックス(アジアの矛盾)」と呼び、「歴史に目を閉ざす者は未来が
> 見えない」との表現で、日本政府の歴史認識を批判した。

フム
せんだって韓国の朴大統領はアメリカを訪問し、オバマ大統領と会談したわけだが、その席でも日本を痛めつけるべき提案を行ったのだが、オバマ大統領からかる〜くいなされましてね(笑)
それに懲りたかと思いきや、今度は米議会で執拗に反日行動を繰り返してのぉ・・・
しかし、朴大統領も何がしたいんじゃろ? こがぁなことを繰り返しておったら、当然のことながら日本側の反発は必至! 「未来がない」と朴大統領はほざいておるが、そもそも朴大統領がこんな行動を繰り返しておったら、確かに日韓の未来はないね。
しかし、朴大統領も大統領就任早々にいきなり反日カードを切ってしまってどうするんだろうね? 歴代韓国政権は大統領就任早々は「未来志向」だなんだと犬っころのように日本に擦り寄って、タップリと経済援助を引き出し、政権末期になると、突然のごとく反日カードを切りまくるという傾向が強い。例えば前大統領の李明博がそうだ。下の写真をご覧いただこう。

ojigi.jpg

goman.jpg

就任当初は「未来志向」を標榜し、日本にヘコヘコと犬っころのように来日して、天皇皇后両陛下にお辞儀をするなど、殊勝な素振りをみせて援助を引き出しつつ、退任間際には、下の写真のようなざまだ・・・
チョンコロの外道どもには日本にたかるだけたかり、それでいて外に出ると日本の悪口をまさに罵詈雑言といった有様。
ところで、韓国さん、どうでしょう? それほどまでに日本のことを毛嫌いしているのであれば、いっそ国交断絶を宣言してくれないかね?
┐(´∀`)┌ヤレヤレ




posted by wildcat at 21:39| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。