2017年08月12日

ハノイ:デング熱感染者数1万3000人に急増、5人死亡

ベトジョー ベトナムニュースより引用

>  ハノイ市予防医療センターによると、2017年年初から現在
> までの期間における同市のデング熱感染者数は1万3000人に
> 上り、5人が死亡したという。
>
>  同市の例年のデング熱感染者数は約5000〜6000人だが、
> 今年は年初7か月余りで既に例年の2.2〜2.6倍に達している。
> 今後デング熱の流行が更に広まるとの見通しから、感染者数も
> 増加する見込みだ。
>
>  デング熱感染者数1万3000人のうち約90%は既に完治して
> いるが、残る10%は引き続き治療を受けている。

(中略)

>  デング熱が異常な流行を見せている背景には、猛暑と雨が
> 続いていることを受けて蚊が急増していることがある。なお、
> 同市予防医療センターは地元当局と協力し、蚊の駆除剤を
> 散布するなど対策に取り組んでいる。


フム
日本ではあまり知られていないと思うが、ベトナムは下図の通り、南北に長い国土である。



南に位置するホーチミン市はいわゆる熱帯にあたり、1年を通して夏である(雨季と乾季はあるが)。
4月、5月の雨季に入る直前が最も暑いが、それ以降はそれほどうだる暑さにはならない。
ところが北に位置するハノイ市は亜熱帯にあたり、四季がある。夏などはなぜだか知らぬが熱帯のホーチミンより暑い! 本当にヤバイレベルで、さらにスコールもちょいちょいあり、特に今年は雨が多かったようで、こうなると蚊の繁殖には最適!
日本でも数年前にデング熱騒動があったが、この感染者数はヤバイ! 特にデング出血熱になると入院しなきゃならんレベルでしてね。。。自分の知人でも入院した方がいたからねぇ。。。
いや〜、ホーチミン市在住でよかった。。。┐(´д`)┌ヤレヤレ
posted by wildcat at 14:55| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。