2014年08月28日

久しぶりの投稿。ネタはハロン湾にしておくか(笑)

久しぶりの投稿(笑)
最近、チョコチョコと、「これからのビジネス」の件で、外部との調整、ミーティング、資料作りと忙しくて、ついついブログの投稿、サボってましたな(笑)
で、久しぶりに何を書こうかね・・・
そうだ! ハロン湾のことでも書こう!

日本が夏休みシーズンということもあり(もうそろそろ終わりだけど)、自分の家族やら、友人家族やらが、こないだまで遊びに来てたりしてですね。
まぁ、私の方は仕事があるんで、基本、平日は現地の旅行代理店主催のツアーに適当に参加してもらったりしてたんですが、週末には私も便乗して一緒に出かけたりしてましてね(笑)
その行ってきた先のひとつが、ハロン湾!

ハロン湾は、ベトナム北部にある世界遺産として有名な景勝地
そこに、一泊二日で行ってまいりました。

まぁ、事前に写真で見てたんで、知ってはいたんですが、実際に見ると、その絶景たるや驚かんばかり!
クルージング中、大小合わせて、3000に登る断崖絶壁の島々がひたすら続くため、まるで映画の撮影シーンに紛れ込んだかのような非日常感に陥ること必至である。



あと、驚いたのが、いやぁ、波が穏やかのなんの!
要するに点在する各島々が、天然の防波堤、あるいは消波堤の役割を果たしているからなんでしょうなぁ。 ご覧のとおり、小舟に乗っての島巡りも無問題!
halon2.jpg


夕闇迫るハロン湾。いやぁ〜 趣があるなぁ〜
halon3.jpg


夜は夜で特に波の静かな領域に停泊。月夜に照らされたハロン湾で、これまた幻想的なひとときを過ごす。 写真の船はお隣さん!
halon4.jpg


そして、朝は朝で清々しい朝の日差しを堪能する。
halon1.jpg

ところで、ガイドさんに聞いたところ「ハロン湾ツアーは全て天候次第」とのこと。
何しろ、ツアー最大のコンテンツが「ハロン湾の絶景」なので、これが見れない濃霧だったりすると最悪らしい(笑)
ただ、「薄い霧がかかると、ものすごく幻想的な雰囲気になり、それはそれで絶景になる」と。
よく言われるのが、「リアル、レッド・クリフ」だの「リアル ドラゴンボール」だのということらしい・・・

来年辺り、時間ができたら、霧に恵まれることを願って、またハロン湾ツアー行ってみるかな(笑)


posted by wildcat at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。