2014年02月12日

川島優氏のFACE展グランプリ作品は二階堂ふみの写真をトレース?!

激裏GATE PRESSより引用
>  損保ジャパン美術財団が創設した公募コンクールFACE展。
>  このFACE展で2014グランプリを取った作品が
>  2012年に発表された「二階堂ふみフォトブック」と酷似、
>  トレースされたパクリではと話題になっている。
>
>  2014年FACE展グランプリ 川島 優「Toxic」
>  http://www.gekiura.com/~press/pakuri.jpg
>  パクリ元
>  2012年進級できるかな 二階堂ふみフォトブック
>  http://www.gekiura.com/~press/pakuri2.jpg
>
>  トレース検証画像
>  http://www.gekiura.com/~press/kensyo.jpg
>  http://www.gekiura.com/~press/kensyo2.jpg
>  http://www.gekiura.com/~press/kensyo3.jpg
>
>  ちなみにグランプリの賞金は300万円。服のしわまで同じというから
>  ひどい。
>  一昔前なら発覚しなかったパクリも
>  ネット時代には一目瞭然である。

フム

pakuri.png

チョット、これはないわな〜(笑)
構図、ポーズ、着ている服、服のシワまでまんま同じ(笑)。違うのは少女の顔ぐらいか(笑)
これで、グランプリ賞金300万円ゲットだとすると、もし私がパクられ元なら法的手段に訴えるがね。ま、その前にくだんの『自称芸術家』川島優氏に連絡して300万円をまんまよこせと談判するがね。じゃなければ著作権侵害で訴えるぞと。
にしても、損保ジャパン美術財団はこの件をどう考えているのかね?
今回のパクリ作品であるが、2014年2月22日(土)〜3月30日(日)の期間に開催される『FACE展 2014』において展示されるのだが、パクリ作品を大賞として展示するなんて、損保ジャパン美術館にとっても赤っ恥になるのではないかと思うのだが、いかに?!
あ、ちなみに損保ジャパンの問い合わせ先は下記ですので、興味のある方は問い合わせしてみてはいかがでしょうか?
http://www.sompo-japan.co.jp/museum/access/index.html
私も「今回の川島優氏の作品が大賞というのはおかしいのでは?」と疑問を投げかけさせてもらいましたよ。
ちなみに、川島優氏のプロフィールは下記。動画の16秒目あたりから写っている人物が当人か?

川島優 (かわしまゆう)
1988年 静岡県に生まれる
2009年 愛知県立芸術大学 美術学部美術学科日本画専攻入学
2012年 8月浜松ホテルコンコルド アートギャラリーにて「川島優日本画展」
2012年 9月名古屋市 ギャラリー矢田「川島優・若松荘平 二人展」
2012年 再興97回秋の院展「FACT」初入選。
2012年 11月画廊双鶴浜松「日本画双鶴展」出品
2013年 愛知県立芸術大学卒業制作展
     桑原賞受賞
     F150「あらゆる境涯を汚染するもの あらゆる境涯を浄化するもの」
2013年 愛知県立芸術大学 美術学部美術学科日本画専攻首席卒業
2013年 愛知県立芸術大学大学院 博士前期課程美術研究科日本画領域入学
2013年 第68回春の院展「recipient」初入選
2013年 6月名都美術館「はやぶさの会」出品
現在 愛知県立芸術大学大学院 博士前期課程美術研究科 日本画領域第二研究室在籍
   日本美術院研究会員


posted by wildcat at 09:50| Comment(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こいつの弟がやってるバンド自体もパクリメロディのオンパレードだから血は争えない
Posted by セパタクロー at 2014年04月27日 06:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。