2013年03月16日

わりとよく見るのに読み方を勘違いしていた地名ランキング

ネタりかより引用
> 今の今まで勘違いしていた!
> 難読地名は、どうしてそのように読むのか不思議ですよね。そこで、わりとよく見るのに
> 読み方を勘違いしていた地名を465名のマイナビニュース会員の女性に聞いてみました。
> 今回のアンケートで初めて正しい読み方を知ったという人も多数。人前で間違えて恥ずか
> しい思いをする前に、ぜひチェックしてみてください。
> Q.わりとよく見るのに読み方を勘違いしていた地名を教えてください(複数回答)
> 1位 弘前(ひろさき) 18.1%
> 2位 八幡(やわた) 16.1%
> 3位 福生(ふっさ) 14.6%
> 4位 真岡(もおか) 14.0%
> 5位 滑川(なめりかわ) 13.8%

フム〜
正直な話をいうと、2位と5位は勘違いしてました。それぞれ「やはた」「なめかわ」だとばかり・・・
3位の福生にしても、たまたま進学した大学が東京で、大学時代の友人に福生市から通学していた奴がいたので、知ったに過ぎず、もし大学時代の友人が福生市在住じゃなければ、果たして45歳の今でも知り得たかどうか・・・
それほど地名は難読地名が多い気がする。ベスト5には上がっていないが、大阪支店勤務時代には駅名だけでも「放出(はなてん)」「枚方(ひらかた)」「天下茶屋(てんがじゃや)」「十三(じゅうそう)」「野江内代(のえうちんだい)」あたりが最初読み間違えましたしなぁ・・・
あと、名古屋支店勤務時代には「御器所(ごきそ)」「阿久比(あぐい)」あたりは読めませんでしたなぁ・・・
こういう地名の読み方ひとつとっても、外国人が日本語を習得するのは大変なんでしょうなぁ・・・


posted by wildcat at 08:20| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。