2011年09月10日

生殺与奪って、せいさいよだつ? せいさつよだつ?

現在高校3年生の我が家のセガレ。彼は来年の春から就職予定(就職試験に受かればの話だが(笑))なので、おおよそ半年後に社会人になるわけだ(あくまでも予定だが)。
とはいえ、社会人として知っておくべき知識、常識たるや非常に心もとない。そんな彼が世に出て恥をかかぬよう、今年の6月頃から新聞の読み合わせをほぼ毎日行っている。今現在、私が名古屋に単身赴任中につき、電話とスカイプを駆使しながらだ(笑)。
一面のトップ記事と、社説を読ませて、読み間違いがあれば直ちに指摘し、内容的に難しければ詳しく解説しと、ほとんど「セガレ専属の池上彰」状態だ(笑)。
昨日の朝のことだが、セガレが読んでいた社説の文章中に「生殺与奪権を・・・」というくだりがあり、それをセガレは「せいさつよだつ」と読みやがったのだ! すかさず私は「はぁ〜? そりゃ『せいさいよだつ』だろぉ〜?」と指摘した。さらに「意味わかるか?」と問いただしたところ、「う〜ん、あんまり・・・」とのことだったので、すぐにネットで調べるように指示をした。しかし、なかなかセガレから返答が来ない。「おい、何やってんだよ、早くしろよ!」と軽く怒鳴ったところ、「父ちゃん、『せいさいよだつ』って入力しても、何も出てこないよ」との返事。んなバカな! と自分もググッてみようと思ったら確かに『せいさいよだつ』って入力しても変換されない!!!
そのかわりに『せいさつよだつ』と入力すると確かに『生殺与奪』と変換されるではないか!
自分が間違って記憶していたのか? いや、そんなことはない。何しろ学生時代に最も得意だった科目は国語。四字熟語の問題なども得意にしていたのだが、生殺与奪については、そのままの読み方をすると間違いやすいなということも記憶しているくらいなのだ。いつの間に『せいさつよだつ』ってことになっているんだ???
おそらく推測だが、難しい読み方をする漢字については、それを排除するような動きがあったのではないだろうか? それで「生殺与奪」についても「せいさいよだつ」ではなく「せいさつよだつ」と読み間違えられるケースが増えたため、「せいさつよだつ」という読み方が主流となり、ついには「せいさいよだつ」という本来の正しい読み方が駆逐されてしまったのではなかろうか? 
しかし、こうなると私が小学校時代、つまり30数年前の国語辞典を手に入れたいものだ。そこに「生殺与奪(せいさつよだつ)」と書かれているのであれば、私の勘違いということになるのだが・・・
ちなみに「相殺」という言葉がある。本来の読み方は「そうさい」。しかしこれとて「そうさつ」でも「慣用読み」として通用しているため、文字変換されるのだ。どうであろうか。20年後には「そうさい」と入力しても変換されなくなり、「そうさつ」と入力して初めて「相殺」と変換される時代が来るのかもしれない。
それにしても釈然としない朝の出来事であった。


posted by wildcat at 11:21| Comment(4) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く、同感ですよ。
これまで、ずっと「せいさいよだつ」と思ってました。「せいさつよだつ」は聞き慣れない言葉です。賞味期限が切れたのかも知れません。

しかし、何の断りもなく、辞書が書き換えられているというのも変ですね?!

このブログで、同感者が居ること、その様に教育された人が居ることが確認でき良かった!!
Posted by 伊東 義賢 at 2012年03月16日 15:50
まあ言葉が時代と共に変わるのは当たり前のことだからいいんですが、せいさつよだつってちょっと言いづらいですね
せいさいよだつのほうが滑らかに言えるというか
Posted by at 2013年04月14日 21:43
60歳のオヤジですが『生殺与奪』は昔から「せいさつよだつ」と読んでいた筈です。30年前の広辞苑でも「せいさつよだつ」です。諸橋徹次の大漢和辞典はまだ調べていませんが多分「せいさつよだつ」だと思います。明治時代、日本初の近代的国語辞典『言海』の編纂者として著名な大槻文彦もその著書『言海』で
「せいさつよだつ」と読んでいます。現在『言海』は、電子辞書としてパソコンから閲覧できます。リンク http://www.babelbible.net/genkai/genkai.cgi
WEB言海の544ページの3段目(一番下)をご覧ください。
とある呑んだくれオヤジ様は、今まで大きな勘違いをされていたと思いますよ。
法律用語の『相殺』は「そうさい」と読みますし他にも『殺』を「さい」と読む言葉があると思います。恐らくそのような読み方から大きな勘違いが増強されていったのでしょうね。中高年になると自分は絶対に間違っていないという確信を持つ人が多くなるようです。事実を教えて中々納得してもらえません。こういう私も60歳で中高年ですが若者や他者からの忠告や助言は、素直に受け入れるようにしています。
Posted by 正直正太夫 at 2014年02月25日 17:57
生殺与奪を「せいさつよだつ」という読みで覚えて二十数年経つ者です。ふと思い立ってこの言葉をネット検索したら「せいさいよだつ」という耳慣れない読みがヒットしたので、興味が湧いて、ネットサーフィン(←死語)していてこちらの記事を拝見しました。

歴史的にも漢字の読みのうえでも、「せいさつよだつ」が正しいようです。

こちらの二つのブログ様もご参考にどうぞ。
http://slashdot.jp/journal/552080/%E3%81%9B%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%A0%E3%81%A4%E3%81%AE%E7%94%9F%E6%AE%BA%E4%B8%8E%E5%A5%AA
http://ameblo.jp/bang-goo/entry-10407624693.html
Posted by 孤月 at 2014年05月19日 14:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。