2014年06月25日

「自分たちのサッカー」(笑) in ホーチミン

これまでにも何回か触れてきたが、ベトナムで一番人気のスポーツはサッカー。もちろんW杯も関心を持って観られており、特に同じアジアで親日家の多いベトナムでも日本代表を応援している人が多いのだが、今回はガッカリさせてしまったなぁ・・・
ベトナムの皆さん、こんな無様な日本を見せちゃって、ごめんちゃい!
 m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

ま、負けたのはしゃあないにしても、ひとつ気になったのが「自分たちのサッカー」という言葉である。
例えば、長谷部
「勝利に近づくためには、やはり自分たちのサッカーをすることだと思います。」
例えば、岡崎
自分たちのサッカーをやり切る覚悟が足りなかった」
例えば、香川
自分たちのサッカーができなかった。個人的にも何もできなかった」
例えば、本田
自分たちのサッカーを貫けなかった」

もう、「自分たちのサッカー」のオンパレードである(笑)
ところで、日本代表がいう「自分たちのサッカー」っていうのは、簡単に言うと「攻撃時はマイボールになったら、後方から押し上げていって、空いてるスペースに侵入し、ショートパスでつないで相手ディフェンスを崩していく。守備時は積極的に前線からプレスディフェンスをかけて奪いに行く」といったところか。
このようなサッカーのスタイルは当然ながら運動量やパスの精度の高さを要求される。
しかしだね。当然ながら状況次第で「自分たちのサッカー」ができるかどうか左右されるんじゃなかろうか?

@ 対戦相手が自分たちより強い場合
例えば同じようなスタイルで最高峰のサッカーをやってるのがスペイン。で、スペインと対戦したら彼らのほうが圧倒的に実力が上だから、ボール保持や奪取がままならない。間違いなく「自分たちのサッカー」なんぞできやしない。

A 自分たちのコンディションが良くない場合
どうしても豊富な運動量を要求される「自分たちのサッカー」。ところが怪我明けや披露が溜まっていたり、時差ボケなどでコンディションが万全でないと、試合途中でガス欠してしまう。スペースを見つけてドンドン飛び込んでパス回ししていくスタイルなのに、これでは「自分たちのサッカー」なんぞできやしない。

B ピッチコンディションが良くない場合
パス回しが相当に重要になってくる「自分たちのサッカー」。ところが海外、特に南米やヨーロッパのサッカー弱小国あたりでは、グラウンドが凸凹していたりするケースがままある。こうなると通るはずのパスがイレギュラーバウンドしてパスがズレる、ズレる。
また、雨で重馬場状態になると、パススピードが上がらない。テンポ良いパス回しができないのでは、「自分たちのサッカー」なんぞできやしない。

C 気候の問題に直面した場合
今回日本代表が試合を行った会場は、3戦とも高温多湿な地。豊富な運動量を要求される「自分たちのサッカー」においては天敵である。涼しければ試合終了まで保つ体力も、後半30分くらいでガス欠だろう。走れなくなっては「自分たちのサッカー」なんぞできやしない。

D 試合展開で情勢が変わった場合
例えばギリシャ戦。試合途中で退場者を出して一人少なくなったギリシャは、おそらく引き分け狙いに移行。ペナルティエリアを中心に4−4のボックスを築いてガチガチにディフェンス。クロスボールは上げさせてもゴール前で弾き出せばいいやと開き直ったディフェンス。ある程度相手も攻めてくれないとスペースができないから、ショートパスでつないでもディフェンスの外側で横パス、バックパスばっかり。おまけに最後は単調なクロスボールでおしまい! これじゃ「自分たちのサッカー」なんぞできやしない。

E 相手チームに事前に研究されて対策された場合
キリンカップみたいな親善試合では相手チームも日本のことは研究してこない。だから、攻撃パターンもバレてないからある程度は「自分たちのサッカー」がやりやすい。しかし、最高峰のW杯の舞台になれば、当然ながら相手も日本の研究をしてくる。もちろん長所を発揮させないようにして、さらには弱点を突いてくる。日本の長所であるパス回しによって急所を突かれないように、つまりは「横パス、バックパス」ばかりの展開になるように仕向け、しかもヌルい横パスをかっさらってカウンターを仕掛けていこうと虎視眈々と狙っている。こうなると「自分たちのサッカー」そのものが日本の弱点ではないか(笑)

そもそもワールドカップに出場してくるということは、各大陸の予選を勝ち抜いてきた国ばかりで、そうそう思惑通りの展開なんぞ許してくれるわけがない。プランAがダメな場合に、プランB、プランCを持っていなきゃダメなんで、それを嫌って自分の好きなパターンだけをやろうとするから無理が出る。

仕事も同じですわな。当然、自分で「こうなるといいな」と思っている展開はあるんだろうけど、それがいつも実現できるとは限らないから、思惑通りの展開にならなかった時に、いかに二の矢、三の矢を用意しておくか。
今回のサッカー日本代表の「自分たちのサッカー」フレーズ連呼ぶりで改めて教訓にしようと思った次第でゴンス。


posted by wildcat at 20:38| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

ベトナムのありふれた事件(笑)

ベトナムという国は、非常におおらかな国。そこで耳目に触れるニュース、特に俗にいうところの、三面記事は凶悪性こそ、たいしたことはないものの、普通の日本人ならたまげること請け合いのニュースに遭遇することがある。
こちらでほとんどテレビを観ない私(観たところで、ベトナム語の放送なんぞチンプンカンプン)がベトナムのニュースを見知る先として利用しているのが「VIETJO 日刊ベトナムニュース」というニュースサイトである。
このニュースサイトが便利なのは、日本語のベトナムニュースサイトである点。このおかげで、ベトナム国内で起きているいろんな動きや事件を知ることができているのだ。
せんだって、面白い事件があったので、ご紹介したい。

tora.png

不審なトラックが生きたトラを捨てる!?
って、日本じゃ、絶対にありえない話っしょ?(笑)
と思ったら、関連記事にこんなんもあった。

wani.png

グエンティミンカイ通りとコンクイン通りの交差点って、東京で言うなら池袋西口から徒歩5分くらい歩いたぐらいのイメージかな? そのクリスマス時期っつったら、やっぱ賑わってるわけでさ。いくら麻袋で猿ぐつわカマされ、手足を縛られているとはいえ、体長約2メートルのワニが池袋の道路でのたうちまわっていたら、そら腰抜かしますわな!(笑)
いやはや、こんなニュースが画面を賑わす「VIETJO 日刊ベトナムニュース」。娯楽が少ないと言われるベトナムで、私が密かに楽しみにしている、まさに「娯楽」なサイトである(笑)
(*^ー')b

posted by wildcat at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

ビール天国、ベトナム! ただ、気づいたら奈落だった(笑)

ベトナムに暮らし始めて、楽しいこと、良かったなと思うことはたくさんあるが、呑んだくれの私にとっては、なんといっても、ビールが安い!ことが最大の喜びである(笑)
実際、アメリカのライフスタイル誌「THRILLIST」の特集を見ると、ビールが最も安い国のトップに、見事ベトナムが選出されていた。
ひとえに、豊富な水資源、豊富な穀物、安い人件費、ビールの酒税がほぼゼロ? な理由が相まって、この低価格が実現されているのではなかろうか?

beer.png

写真は、私が普段、家でよく飲んでいる、「Zorok」と「333」。
Zorokのメーカーは元々、ベトナム発のメーカーではない。本社はイギリスなのだが、もちろんベトナムで生産されて販売されいる。この330mlのビールが、私がよく行くスーパーでは9000ドンくらい。日本円で言うと、43.2円(2014/6/19時点為替レート)なのだ!
そして、ベトナムというか、ホーチミンでは国民的ビールの「333」が、9500ドンくらい。日本円で言うと、45.5円(2014/6/19時点為替レート)なのだ!
つまり、缶ビール1本を45円前後で買えてしまうという呑んだくれ天国なのであった!
もちろん、ビール大好きな私はガンガン飲みまくっていたわけです。
仮に10本空けたところで、500円もしない! 揚げ春巻きやら、生春巻きやら、バインセオやら、ヤギ肉やらの美味しいベトナム料理を酒の肴にして、そりゃ飲みますって!
あ〜、天国じゃ、天国じゃと(笑)

しかし、
ある日、奈落の底へと叩き落とされた。

た、体重が・・・
ベトナムに渡ってから太ったなぁ〜という自覚はあったのだが、あまりの体のおっくうさに、おっかなびっくり体重計に乗ったら・・・
なんと人生で最大級の体重に増えているではないか!!!
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
道理で、最近、駐在員仲間から「正恩(ジョンオン)」というアダ名を付けらるたわけだ(爆)

jonon.png

6月末に一時帰国するのだが、その際は、東京の本社に行っても、おそらくエントランスで、私だと気づかれないのではないか?
「キム・ジョンオンが勝手に会社に入ろうとしている!!!」と警察に通報されやせぬかと恐怖におののく日々である。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

この恐怖から逃れるためには・・・

そうだ、ビールを飲んで忘れよう!(笑)

かんぱ〜い! (*^o^)っ凵☆凵c(^-^*).



posted by wildcat at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする